日本工業大学駒場中学校
日本工業大学駒場高等学校

  • home
  • arrow_forward_ios設置校
  • arrow_forward_ios

    日本工業大学駒場中学校 日本工業大学駒場高等学校

日本工業大学駒場中学校日本工業大学駒場中学校
日本工業大学駒場高等学校日本工業大学駒場高等学校

1942年設立

〒153-8508
東京都目黒区駒場1丁目35-32

校訓         誠実・明朗・勤勉 

教育理念
旺盛な探究心と共に優しく勁い心を育み、未来社会に生きる力を身に付ける

日駒は令和3年4月から普通科専一校として新しくスタートします。

校長挨拶

Greeting

「日駒トリニティ」
優しく勁い心を育てる重層的三位一体の教育

私たちは、創立110年余の伝統を活かし、常に教育の質を向上させてきました。どのような教育を行うのか、さまざまな工夫をしながら取り組んできました。そして今、普通科専一校としての出発にあたり、積み上げられてきたものに加え、本校ならではの体制をつくりました。それは、重層的な3項からなるものです(3項が相互に支えあい、また3項のそれぞれがまた3項からなる)。私たちはそれを「日駒トリニティ(三位一体)」と呼びます。基礎学力の徹底的な習得という土台作りをしながら、みなさんの「高い自己目標の実現と楽しい学校生活の調和」を目指しつつ「優しく勁い心」を育てたいと考えています。

私たちはこれから新しい歴史を刻みます。日駒は中学高校で本校らしい普通科教育運営に取り組みます。日駒教育最大の願いは”人柄を育むこと”。私たちは、まず圧倒的な基礎学力の養成にちからを注ぎます。互いに励まし合い、新しい自分を見出し、大切に育てながら実力を積み上げる。そして進路を自ら探求し、難関を突破する。その成長の中に人柄を育み続ける教育を目指します。すべての生徒諸君と共に。

日本工業大学駒場中学校・高等学校の特徴

Characteristic

明治40年創立の本校は当初中堅技術者の育成を掲げて工業教育一筋に運営して来ました。平成20年に現在の普通科3コース(特進・理数特進・総合進学)を併設して中堅進学校を目指す方途を選びました。これが私たちにとって大きな変換点になりました。この度10年間の普通科運営の成果を基礎に、併設工業科の運営を全て終了し普通科専一校として新たな目標に向かってスタートいたします。
12年前の普通科併設以来、私たちは今日のスタートを目標に真剣に研鑽を積んでまいりました。その成果はここまでの大学進学実績への努力と共に新たな教育運営方針として結実し、今回の普通科専一校スタートの指針となっております。

日本工業大学駒場中学校・高等学校の教育目標

Educational Goal

まずはGMARCH合格100人を目指し、国公立大、難関私大などの合格者も増やしていきたいと考えています。その一方で学力だけでなく、「人柄」を育むことも大切にしています。相手のことをしっかり思いやれる、理解できるような生徒を育てていきたい。知識も詰め込み型の学習によるところではなく、教養によって幅広く知ってほしいと考えています。社会に出て有意義な人材になってほしい。学力ももちろん大切ですが、人柄を育むために、いつも一緒に勉強をして、私たち教員の側も人柄を向上させていきたいと考えています。奥行きのある人間に成長し、希望の進路先に巣立っていけるよう全力でサポートしてまいります。