〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-5

COPYRIGHT ©NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY, ALL RIGHTS RESERVED.

重要なお知らせ

Important

非表示設定になっていますが、編集中のため一時的に表示しています。
公開後、ここの重要なお知らせは非表示になります。

ご挨拶

About

学園の新たなる
挑戦の時代へ

日本工業大学は、平成30年にかつてない学部学科改組を行いました。これまでの工学部1学部体制から、機械工学科・電気電子通信工学科・応用化学科からなる基幹工学部、ロボティクス学科・情報メディア工学科からなる先進工学部、そして建築学科(建築コース・生活環境デザインコース)からなる建築学部の3学部6学科2コース体制としました。

これは、学生一人ひとりの知識や能力がより多様化する中、「実工学教育」という伝統を継承しつつ、これからの社会の変化にも適応できる人材を育成するために本学が進化すること、『継承と進化』を基本コンセプトとしたものです。

日本工業大学駒場中学・高等学校は、その伝統を活かしながらも、時代の求める社会的要請の変化に合わせて改革を進めています。戦後、男子を対象とする工業科のみでスタートした高等学校は、平成20年に普通科を新設すると同時に男女共学化致しました。

その後も、中学校からの6年間の一貫教育も含め、進学型の教育運営を強化する中で、現在は、普通科専一校の実現に向けて、その歩みを加速させています。創立以来、最大の改革を断行しているところです。

本学園設立から今日に至るまで110年超が経過し、取り巻く社会も大きく変化する時代を迎えました。単なる知識、技能を持っているだけではなく、それを生かすための思考力、判断力、行動力、コミュニケーション力といった才能が開花する教育、研究の更なる充実が求められています。

今後“新たなる挑戦”として学園の伝統を引継ぎながら様々な改革を実行していきます。

学園の新たなる
挑戦の時代へ

日本工業大学は、平成30年にかつてない学部学科改組を行いました。これまでの工学部1学部体制から、機械工学科・電気電子通信工学科・応用化学科からなる基幹工学部、ロボティクス学科・情報メディア工学科からなる先進工学部、そして建築学科(建築コース・生活環境デザインコース)からなる建築学部の3学部6学科2コース体制としました。これは、学生一人ひとりの知識や能力がより多様化する中、「実工学教育」という伝統を継承しつつ、これからの社会の変化にも適応できる人材を育成するために本学が進化すること、『継承と進化』を基本コンセプトとしたものです。今後“新たなる挑戦”として学園の伝統を引継ぎながら様々な改革を実行していきます。

日本工業大学駒場中学・高等学校は、その伝統を活かしながらも、時代の求める社会的要請の変化に合わせて改革を進めています。戦後、男子を対象とする工業科のみでスタートした高等学校は、平成20年に普通科を新設すると同時に男女共学化致しました。

その後も、中学校からの6年間の一貫教育も含め、進学型の教育運営を強化する中で、現在は、普通科専一校の実現に向けて、その歩みを加速させています。創立以来、最大の改革を断行しているところです。

本学園設立から今日に至るまで110年超が経過し、取り巻く社会も大きく変化する時代を迎えました。単なる知識、技能を持っているだけではなく、それを生かすための思考力、判断力、行動力、コミュニケーション力といった才能が開花する教育、研究の更なる充実が求められています。

学園の新たなる
挑戦の時代へ

日本工業大学は、平成30年にかつてない学部学科改組を行い、これまでの工学部1学部体制から基幹工学部、先進工学部、建築学部の3学部6学科2コース体制としました。「実工学教育」という伝統を継承しつつ、これからの社会の変化にも適応できる人材を育成するために本学が進化すること、『継承と進化』を基本コンセプトとしたものです。

日本工業大学駒場中学・高等学校は、その伝統を活かしながらも、時代の求める社会的要請の変化に合わせて改革を進めています。

本学園設立から今日に至るまで110年超が経過し、取り巻く社会も大きく変化する時代を迎えました。単なる知識、技能を持っているだけではなく、それを生かすための思考力、判断力、行動力、コミュニケーション力といった才能が開花する教育、研究の更なる充実が求められています。

今後“新たなる挑戦”として学園の伝統を引継ぎながら様々な改革を実行していきます。

Facility

研修施設 赤倉山荘

生徒・学生の勉強合宿、研修、学生クラブ活動の合宿、教職員の福利厚生等、勉学・スポーツの鍛錬の場としてではなく、
生徒・学生・教職員間のコミュニケーションを培う場として活発に活用されています。

お問い合わせ先

Contact

受付時間 9:00-17:00(休校日を除く)
TEL  03-3511-7590
FAX  03-3511-7595
MAIL  kikaku.scfo@nit.ac.jp