〒101-0051
東京都千代田区神田神保町2-5

COPYRIGHT ©NIPPON INSTITUTE OF TECHNOLOGY, ALL RIGHTS RESERVED.

理事長挨拶

学校法人 日本工業大学 理事長   柳澤 章

学校法人 日本工業大学
理事長 柳澤 章

人を育て、前進する学園

本学園の始まりである東京工科学校は、1907(明治40)年東京文京区小石川の地に誕生しました。その校名が示す通り、工業技術者を養成する学校として、時代の求める人材を育成するため、創立されたのです。

以来、我が学園は110年以上の永きにわたり、工学技術教育を根幹として、多くの人材を輩出してまいりました。

この間、日本及び日本を取り巻く世界の状況は、政治、経済、技術すべての面で想像を超える激しい変化を遂げています。そして今なお、大きなうねりを伴う変化の渦中にあると言ってよいでしょう。

我が学園も、東京工科学校として創立されて以来、東京工業学校そして戦後新制東京工業高等学校ならびに東工学園中学校、さらに1967(昭和42)年には日本工業大学を設立し、その歩みを続けています。

教育の環境、内容、手法は、時代によって大きく変化し、学園もその変化に応じて、変革に努力して来たと言えるでしょう。

現在学園は、日本工業大学、日本工業大学駒場高等学校、日本工業大学駒場中学校を主な設置校としています。学園の基本理念として「広く世界の発展と調和に貢献する先進的人材の育成」を掲げ、時々の時代に求められる人材、必要とされる人材、活躍できる人材、そして何よりも、どのような時代にも人として信頼され尊敬される人材、そんな人材を一人でも多く世に送り出すべく、新たな学園の姿を求め前進してまいります。